10話「オーディオ機器(3)」

(関連記事)
6話「オーディオ機器(1)」
7話「オーディオ機器(2)」

前述のオンキヨーステレオMC-2200に代わり
(引っ越しに伴い、ご近所に貰われていきました)、

1983年にシステムコンポーネントステレオ
「パイオニア New Project SC7」がやってきました。

http://パイオニア New Project SC7 ハイファイCM/Pioneer Hi-Fi Stereo (1982) | Rhys on Patreon

プレーヤー・プリメインアンプ・チューナー・
Wカセットデッキ・グライコ・スピーカの組み合わせで、
とにかく格好良く感じておりました。

初期構成で1986年まで使用しましたが、
CDプレーヤ追加、サラウンドプロセッサ追加、
スピーカの追加・変更など、
徐々に各機器の大きさ・色調などの統一性が失われてゆき、
1989年には初期構成機器のない
システムに置き換わってしまいました。

ちなみに、オジサンの世代は、
こうした構成の音響再生システムを
「シスコン」と呼称しておりましたが、
現在では別のヤバイ意味合いになる様です。